年代別ファッション

50代女性ファッションコーディネート|何を着ればいいの?悩んでいるアラフィフ必見

50代女性ファッションコーディネート

女性はいくつになったっておしゃれがしたいもの。
50代になったって、その気持ちは変わるものではありません。人生としては落ち着いているけれど、少し華やかな服だって着たい。
でも、派手すぎない着こなし方は?どんなアイテムを揃えればいいの?

思い返せば、10代~20代の頃は、何を着ても似合っていた。どんなに安っぽい服でも、若さで乗り切っていた。
30代の頃、少しブランド服が似合うようになった。一点豪華主義なんて言葉が流行って、バッグと靴だけはこだわったりしていた。
40代になったら派手な色を好まなくなった。無難な服が増え、ヒールの高いパンプスはあまり履かなくなった。

そして今、50代だからこそできる着こなしを!
さりげなくおしゃれに、周りの50代から一歩差をつける!
今回の記事では、アラフィフである50代に最適なお洋服の選び方と、洋服負けしない着こなし方をご紹介します。

「派手な色・花柄・レース・水玉模様」恐れることは何もない!

真っ赤なニット、原色のシャツ。
大きな花柄や水玉に、袖や裾にあしらわれたレース。こういったお洋服は、いくつになっても女性の憧れ。
でも、アラフィフになった今、あまり派手な装いをして周囲から浮いてしまっても困る。
そんな風に考えてしまう女性は少なくありません。
確かに、「原色×蛍光色」や、「派手な色×大きな柄」などを何も考えずに着てしまうと、そういう服が好きな人として注目されてしまう恐れはあります。好きな色や柄のお洋服を着たい。
でも、できるだけさりげなく取り入れたい。
そんな風に思うアラフィフの女性のために、少し細かく見てみることにしましょう。

レッドやブルー、イエロー原色のベストパートナーはずばりデニム!

赤いカットソー
例えばこのような赤いカットソーが気に入ったとします。
このカットソーには、どんなアイテムを合わせると似合うと思いますか?セットアップのように、下半身にも赤を持ってくる?それとも無難に黒や白にする?

そう。明るい色や派手に見られがちな色をトップスに持ってくる場合、ついつい黒や白のボトムを選んでしまいがちです。
「パキッとした」「ハッキリとした」印象を持たれやすくなり、色味としてはやや強めになります。
こういった、視界に入ると目を引くような明るい色を中和してくれるのは、「デニム生地」。
ジーパンでも良いし、ジーンズ生地のスカートでも素敵。
デニムの生地は薄めよりもインディゴのような濃い色を選ぶと、上品な印象にまとまりますよ。
画像のように丈が短い場合はこのまま、丈が眺めの場合はウエストにインして着ると面積が小さくなり、悪目立ちしなくなります。
明るい色は暗い色よりも顔映りが良く、若々しい印象になるので、ぜひ取り入れていきたいですね。

花柄や水玉、ストライプ柄ものを着たいときに考えるべきポイントとは?

花柄や水玉
無地の服ばかりではつまらない。
おしゃれなアラフィフとしては、柄ものにだって挑戦したいですよね。
年齢に関係なく、どんな柄だって着てもいいのです。
ですが、せっかくですから、若い子にはできない、アラフィフだからこそできる着こなしを勉強したいですね。
その答えはズバリ、「思い切って柄が大きなお洋服を選ぶ」こと。
このポイントは意外に思われた方もいるのではないでしょうか。
実は、柄物のお洋服というのは、小さく控えめに入っていると、無地よりもさらに地味に見えてしまうことが多いのです。
下手をすればそれが花柄だと気付かれないほどに、それはそれは小さくまとまってしまいます。
場合によっては柄が小さい方が無難、特に目立つこともなく、こっそり自分だけで楽しむこともできる要素ではあるかもしれません。
ですが、今回の記事の趣旨「アラフィフでもさりげなく素敵に」ということを意識すると、ぜひ大きな柄のものを選ぶようにしてほしいのです。

ワンピースにしても、カットソーにしても、ベースの色はアイボリーや明るいベージュなど、優しい印象に映る色を。
その色に乗る柄の方は、溶け込むようなぼやけた印象のものではなく、輪郭のはっきりした模様の出方をしているものを選びます。
気おくれしてしまっても、試しに着て鏡を見てみると、意外としっくり似合っていることに驚かれる方も多いのです。
柄がメインのお洋服に対するベストな選択は、ずばり「ネイビー」、「アイボリー」などの、曖昧色。
はっきりとした原色や、遊びのないモノトーンを持ってくると、柄と色が両方とも激しく主張してしまい、色自体が派手なものでなくても、浮いてしまうことがあります。
その点ネイビーやアイボリーは暗めながら柔らかい印象を残す色、明るめながら淡い印象を残す色であり、柄の邪魔をすることも、対抗することもなく、しっくり収まるのです。

ボトムスに明るい色、柄ものを持ってきたい場合にはどうしたら良い?

ふんわりとした可愛らしいスカート
いくつになっても女性は可愛らしく、綺麗で、可憐でいたいもの。
ジーパンやタイトスカートも良いですが、たまにはふんわりとした可愛らしいスカートをはきたいですよね。
例えば画像のようなチェックのスカートだったり、明るい色のフレアスカートをはきたいときは、どういった着こなしをすればよいのでしょうか。
その答えはずばり、「シルエットと長さに気を付ける」こと!
10代~アラサーくらいまでの若いうちは、長さが膝丈より短くても、ふんわりと広がりすぎていても、可愛らしく着こなすことができました。
ですが、アラフィフくらいの年頃になってくると、短すぎるよりも程よい長さがある方が、そして、広がりすぎるよりもさりげなく裾が揺れるような、そんなニュアンスの方が、落ち着いて着こなせるようになってきます。
この場合、足首までが隠れるようにできている、マキシ丈だと、柄や色が強く出すぎてしまいます。
おすすめはふくらはぎが中途半端に隠れるミモレ丈!
中途半端とは聞こえが悪いかもしれませんが、上半身をコンパクトに抑えることで、とても上品に着こなすことができます。
そして、ふんわりしすぎなシルエットよりは、腰やおしりがスカートの中で泳ぎすぎない程度のサイズ感にすること。
そうすると、歩くたびにふんわりと揺れるスカートの裾が、さりげないおしゃれ感を演出してくれるのです。

ボトムスにポイントを持ってきた場合でも、色や柄との合わせ方は今まで書いてきたことと同じです。
柄ものにはネイビーやアイボリー、強い色にはデニム生地のものなどを合わせると、浮くことなく着こなすことができます。

全身のコーディネートには、上着やカーディガン、小物も重要!

トップスとボトム、またはワンピースの着こなしを今まで書いてきました。
ですが、夏でも寒い日があったり、屋内の冷房であったり、身体が冷えることは多いですし、春や秋など気温が読めないときのために、カーディガンや上着もセットで考えておく必要があります。
どのコーディネートにもよく合うのが、ジージャンやデニム生地の上着。
昔はデニムと言えば厚い生地、よく着こむまでは動きにくいイメージがありましたが、最近は薄手で柔らかい素材のものも多くでており、腕や肩の動きを邪魔しないものも多いのです。
また、カジュアルな印象ばかりでなく、ノーカラーやショート丈など、上で述べてきたミモレ丈に良く似合う上品なイメージのものも多いので、チェックしてみると良いでしょう。

【レンタルサービス】流行や好みが過ぎ去った服を捨てるのはもったいない!

いくらその時に着たいコーディネートがあるからと言って、いつまでも自分の趣味がそのままとは限りません。
安くない金額を出してお洋服を買い、気に入っていたとしても、飽きてしまったり、流行りが過ぎ去ってしまえばタンスのこやしに。
気に入って買ったものを捨てるのは忍びないし、かといってクローゼットの場所をとるのも困ってしまいます。

そこで、お洋服のレンタルを使ってみるのはいかがでしょうか?

服を買うよりもお安く済み、着終わったら返すだけ。
お試しにも、ちょっとしたときにも、その日だけのために買うよりも、よっぽど経済的だし、洋服の場所も、維持費もかかりません!

Brista(ブリスタ)
例えばこちらのサイトは、シーンに合わせてフルコーディネートを選ぶことができます。
一着一着揃えるよりも経済的で安心です。

EDIST. CLOSET
あまりかっちりとした印象ばかりでなく、普段着に近いコーディネートならこちらのサイトが得意!
自然な感じの写真を見ながら選べるので、雑誌をめくるように楽しんでお洋服を選ぶことができます。

airCloset(エアークローゼット)
airClosetでは、なんとプロのスタイリストがお洋服を見立ててくれます。
自分だけの視点では、どうしてもいつも同じような着こなしになってしまうもの。
月額で定額制なので、好きなだけお試しをして毎日のおしゃれを楽しむことができますね!

素敵な50代を過ごしましょう。

いかがでしたか?
アラフィフが好きなおしゃれを楽しむための、おしゃれのポイントをお伝えしてきました。
ご紹介したレンタルサービスなどもうまく使って、素敵な50代を過ごして行きたいですね!